花咲く世界

また花が届いた。
大きな段ボールにバスケットごと入っている。

「自分で自分に送るって案外いいな。
 月一定期便ってありだね」
なんてママは言って、早速フェンスにかけた。

今回はパンジーバスケットだった。

「1ヶ月の成長の差がわかるね。
 ペチュニアは思ったより長生きで復活力もあるんだな」

ママが自分で作ったバスケットは
花の少ないフェンスに移動されている。

あれ?咲いてない。

「花殻片付けたからね。蕾待ち。
 造花じゃないんだからずっと咲いてるなんてないよ。
 それを変化と言うんだし、待つ楽しさ、咲く楽しさなんだよね」

毎日見てるから大きくなったことに気が付かなかったけど
新しく来たパンジーバスケットよりも
1か月前に来たペチュニアバスケットは
一回り大きく見える。

そうかぁ、すごいなぁ。
知らないうちに、気が付かないうちに成長してるんだ。

ぼくは素直に感動した。
ママも、すごいよね、と微笑む。

「心を動かすものに音楽や映画があるけど
 花とか絵とかってすごく静かな動だと思う。
 それを穏やかって言うのかも。
 世界中が花だらけになったら穏やかな世界だ」

まずは我が家から、そして河岸から、ってことだ
と言って、ママは張り切って水をあげに行った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 秘儀!通り抜けの術!

  2. いざ!台湾!

  3. 抜け道好き

  4. 夏太り

  5. 見えないところでやるのが良いんだよ

  6. わたぼこりの子

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)