花もりもり

どひゃー、と言って土臭いママが帰ってきた。
おかしいな。
花壇の植え替えも、イベントも、交通安全も終わったはずだし。
さらには、腰が痛い、と言いながら笑っている。

変なの。

「すごい事が起きたのよ。
 5丁目の花壇が死んだみたいになってて
 気にはなってたんだけど、参ったなぁって思ってたの」

見てよこれ、と言うとママはスマホを差し出した。

あちゃー。
全滅じゃないか。
せっかくみんなで植えたのに。

「1丁目は元気だから、苗のせいじゃないんだよね。
 それなのに花屋さんから電話があって
 もしよかったら差し上げます、植えませんか?って。
 ありがたいじゃない。河岸通り会はお金ないから。
 お言葉に甘えます、って待ち合わせしたら購入した以上の数を届けてくれて」

えー!すごい!こんなに??
ぼくですら驚いてスマホにかじりつく。

「イベントもあったから、花壇に予算が回せなかったんだよね。
 4ケースを1丁目と5丁目で分けて、数は少ないけどシクラメンが華やかだから
 まぁ良しとしようって思ってたらダメになっちゃって。
 もらえたとしても2ケースくらいかなって思ってた。
 物凄い気持ちを見せてもらった気がする。
 降参ですよ。
 1人なので植えきれないから要りません、なんて言えない。
 心置きなく植えさせていただきました」

じゃじゃん、とアフターをぼくに見せる。

おぉー。
すごい。

「それでも植えきれないから台車持ってきて
 1丁目に運んで、球根しか入ってないプランターのところにも
 植えることができて、なんだがイルミネーションよりも豪華になっちゃった。
 通りかかる人が、頑張れ!って応援してくれたり。
 お礼に新しくできたパン屋さんの食パンいっぱい買って届けちゃった。
 そしたら、エビで鯛を釣ったみたいだ、って花屋さんも喜んでくれて。
 なんかさぁ。
 こんなことが起きるなんて」

そして私は筋肉痛、って言いながらママは仰向けに倒れた。

なんか、凄いね。
植えきっちゃうママも
花を寄付しちゃう花屋さんも
応援しちゃう通行人も
丁寧に切り分けてくれたパン屋さんも。
ありがとうのオンパレードだ。

テレビを観たり、ランチをしたりとか
そういう楽しさとは別の所に居る気がする。

気が付けばママは寝息を立てていた。
パパが呆れて肩をすくめている。
ぼくはママのお腹にそっと乗って、目を閉じた。


猫との暮らしランキング




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. また夏が来るって

  2. まどろめる

  3. 掘り進めてみた

  4. しまちゃんのやる気

  5. 深呼吸をすればいい

  6. 室内運動のススメ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)