縄張りを争う音

「邪魔なんですけど~」

へ?
ぼくの事?

「あなた以外、いないでしょー」

ママはお盆に夕飯を乗せて立っている。

「どうてよどいてよ」

あぁ、テレビがみえなくて、じゃま、っていう事じゃないのね。

とかなんとかやっている時だった。

どかん、とまた床下から突き上げる音がした。

パパもママも、ひゃー、って言ってきょろきょろする。
そして聞き覚えのある唸り声と
竜巻の様に去っていく気配。

「また白黒パンダちゃんとしまちゃんか」

ママは、大丈夫かな、とつぶやく。

「すごかったね、今の。
 頭で床、突っついたなら脳震盪ものだよ」

パパも、目を丸くして首を振る。

それにしても、どこから床下に入るんだろう。
きっと真っ暗だ。

「丁度真上にコタツがあるから、
 案外この下、温かいのかもしれない。
 雪も降ったし、温かい場所を探して、
 で、鉢合わせちゃったのか」

喧嘩しないで仲良くできないものかしら、
とママも首を振る。

ぼくも、しまちゃん、大丈夫かな、と思う。
でも、ぼくにはどうすることもできない。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 土の匂いと春のママ

  2. いつも通りでいれること

  3. 悪戯っ子世に憚る

  4. お気楽極楽

  5. さぁ年末!

  6. 狙って待っていた

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)