結局は県へ

「二転三転にも慣れてきた」
とママは万歳している。

やったぞ!の万歳なのか。
お手上げの万歳なのか。

あればお手上げの方だな。

「協定を結ぶほどの事ではない、って言ってた土木事務所が
 同意書は書けないけど覚書を出します、って話になってたんだけど
 やっぱり全部県の許可を取って来て、って言いだしたの」

え。また?

ぼくですら固まる。

ママはせっせと花壇の剪定も済ませ
事前準備を進めていたのに
またストップって事になる。

良いって言ったり
やっぱりダメって言ったり。

そりゃお手上げだ。

「責任を取れない所に許可を求めた結果だもの。
 最初から県に行けばよかったんだけど
 道筋が分からなかったからね。
 相手も初めての話だから
 どこまで自分で決めて良いのかわからなくて
 途中まで引き受ける気でいたんだけど
 やっぱり引き受けれない、ってなっちゃった。
 前例のない事をやろうとすれば
 色々決まりを作って行かなきゃいけないもんだね。
 そりゃスムーズには行かない。
 でもこれでスッキシした。
 すべては県へ」

おー、とママは拳を上げている。

よくまぁ心が折れないもんだ、と
感心を通り越して
ぼくは呆れちゃったよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. バタフライエフェクト

  2. パパはしつこい

  3. ひとつずつクリアにしていく

  4. 朝日が差し込む寝室

  5. ちょっとずつ、ちょっとずつ

  6. 24

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)