箱根駅伝が胸を熱くする

お正月早々パパは仕事で4時半に家を出て行った。
日ノ出より前に職場に着くんだって。
「この時期になると運転してても眩しくないからいいんだよね」
なんて笑ってたけど、パパの不思議な所だな、って思う。
怠け者なのか働き者なのか、わかんない。

それがパパちんの良いところだから
と起きてきたママは
早々にテレビの前を陣取った。

これを観ずして1年は始まらない、とか言って。

箱根駅伝だ。

ちゃっかりビールも用意してる。
おつまみは、ママが自分用にって煮てた黒豆。
お節料理の説明が何かのテレビ番組でやってて
「豆を食べてマメに動く」みたいなこと言ってて
ママは、ハッとしてた。

くそう、正月から黒豆を山ほど食べるから
マメに動いちゃうのか、って悔しがってた。

なんこっちゃ。

ぼくも付き合って視聴準備。

5時間にも及ぶ戦いは毎年同じようで違う。
去年と同じ選手もいるけれど
1年分の変化がある。

にしても、ヴィンセントの走りは圧巻だった。
ぼくにだってわかるよ。
ごぼう抜き。
巨大な魚が小魚を丸呑みした感じで
ただただ抜き去って行った。

「いやぁ、こんなに首位が変わるのも珍しい。
 明日はどうなるんだろう」

ね、と泣きながらママはぼくを見たけど
明日の事は誰にもわからないよ、
だからまた一緒に観よう、
ね、と返してみた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 珍しいこともあるもんだ

  2. 後は設計図次第

  3. 丸見えで落ち着かない

  4. うろちょろとはひでぇ言い草だ

  5. 柔軟とは

  6. ジャックとミミちゃん

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)