立春

節分だ!と言って
豆を片手に玄関でパパを待ち伏せしてたママは
そっと開けられた玄関のドアに
豆を投げつけた。
ドアの隅間にはパパの姿はない。
あれ?っと言うと
ドアの陰からそっとパパが顔を覗かせた。

「なんでわかったの?
 静かに帰ってきたのに~」

とドアの陰から文句を言っている。

「位置情報を確認したからだ!
 帰りまーす、って連絡がないから
 おかしいと思ったら、もう目の前だった。
 あぶないあぶない」

ママは、えい、えい、とパパに豆を投げる。

それが終わると、こっちこっち、と
パパをキッチンに招いた。

恵方巻の材料が並んでいる。

「私のために、作ってください」
ママはニコニコと言った。

パパは、よーし!とやる気を見せて
手を洗っている。

さっき豆をまかれたのに
パパはもうすっかり忘れているようだった。

「じゃん!」

あっと言う間だった。
ぼくとママは拍手をする。

パパは恵方巻が好きではないので
ママ一人分らしい。

「なーちゃんにも」

と言って、一本避けて置いたまぐろを
ぼくにくれた。

美味しかったなぁ。
ぼくは自分の手を、くんくんと嗅いだ。
まだまぐろの匂いがする。

楽しいね、節分って。
明日からは春だ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの声が聞こえる

  2. お気楽極楽

  3. 藪を突かなければ蛇も出てこなかったのに

  4. そして、気を失った

  5. ウェディング!ウェディング!ウェディング!

  6. DIYママ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)