秋を感じないじゃないか

蒸し暑いよ。
秋は何処に行ったのさ。

ぼくはママに訴える。

「知らないわよ。あたしが知りたいわ」

プン、とママは横を向いた。

今日は仕事の帰りにパパと買い出しに行ってた。
ぼくのご飯とトイレの砂も大量に買ってきた。

「スーパーも品薄だったんだよ。
 休日に買い物になんてめったに行かないから
 連休のせいかしら、と思ってたんだけど
 千葉に行ってるといううわさを聞いた」

すれ違う買い物客が口々に
今、千葉が大変だから
と呟いていたらしい。

「みんなで買い込んで送ってあげてるみたい」

ぼくは夏がぶり返したような暑さに文句を言っていたけれど
けっきょくはまたクーラーを付けるだけで
電気の来ない地区の暑さを考えたら何も言えなくなった。
あぁ、神さま、どうか千葉に涼しい風を届けてください
と、他力本願な願いを思い浮かべる。

「まずはそこからだから。
 あたしはなーちゃんのやってること、イイネ!と言うよ」

ママはぼくの額をつんつんと突っついた。


猫との暮らしランキング




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. 悪戯っ子世に憚る

  2. ぼくのマークも

  3. だれ?その1

  4. 逃げ切れると思ったのに

  5. 深呼吸をすればいい

  6. 夜の寒さは

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)