秋は編み物

ママが編み物を始めた。
断捨離でほとんど道具は無くなったんだけど
唯一残したのがかぎ針セットだった。

お客さんがくれたんだったか
ばぁちゃんがくれたんだったか
もうわからないと言う。

それでも誰かの名残だからって
捨てずにいた。

百円ショップで糸を買ってきて
コースターを作ってる。
と思ったら太い糸でまた何か編んでる。

「うーん、ちっちゃいか」
ってぼくを物差し代わりにしてる。

「太い糸はすぐになくなるなぁ。
 あと二玉はいるな」
なんてブツブツ言って、丸めてぼくの顔の横に置いた。

枕かな。

秋は夕暮れ、のように
秋は編み物、ってブツブツ言ってママはどこかに消えた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 起きてるママを見かけない

  2. 不安外来?

  3. そう思えば腹も立たないのか

  4. お茶会

  5. 拠点防災訓練とは

  6. 付き合い方のコツ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)