秋の準備

「暑い暑いと言っても、ずいぶん楽になってきた」

ガラガラと窓を開けて
麦わら帽子をかぶったママが部屋に戻ってくる。

「雑草の勢いも止まってきたし
 トマトの成長もこれまでだろうし
 さて、秋の準備だな」

秋?まだ八月なのに?
相変わらずせっかちだなぁ。

ぼくは呆れる。

「秋になってから秋の準備をするんじゃ遅いのよ。
 寒くなってからコタツ出す、でいいの?」

ママはぼくを覗き込んだ。

コタツ?
それはできれば早い方がいい。

「いやいや、さすがにまだ早いけど。
 出す前にゴザ片付けなきゃなんないし。
 衣替えもやらなきゃだし
 やる前にどれ捨てるか考えなきゃだし
 スケジュール立てて動かないとやりきれないんだよ。
 さらには河岸テラスもやってくるし」

あぁ。また商店街のイベント?
ママは頷いた。

「さらには自治会の敬老の日の祝品も
 配るし、小学校のお祭りもあるし
 もうここから11月まではタイトなのよね。
 さらには春の花の植え替えもだし。
 チューリップの球根発注しなくちゃ」

ママはブツブツ言うとキッチンに消えた。
まずはこのシンクの中の洗い物からか
とため息をついてる。

もう春の計画かぁ。

ぼくはのんびり寝て待つとしようかな。


猫との暮らしランキング




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. 陽射しは変わってきた

  2. スケジュール管理

  3. 奇麗になった花壇

  4. PC作業はさせない

  5. うさちゃん、って

  6. 夕焼け

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)