眩しいと目を背ける

コタツから出てママの膝に上がると
電気の光とTVがまぶしく感じるんだよ。

ぼくは顔を覆って寝る準備をしている。

「おいおい。わざわざ出て来たのにもう眠るの?
 目の前に来て、眩しい、とはどういう心境なのよ」

ママは呆れている。
眩しいならコタツの中にいればいいじゃん、って。

眩しいと思って出て来たんじゃないんだ。
出てきたら眩しかった、ってだけで。

でも膝の上に居たいから、光から顔を逸らして、居るんだけど。

ママは、ふぅん、と言うとぼくの背中を撫でた。

「眩しい物の近くに居るって大変だよね。
 目を開けてたくても、そうもできない。
 嫉妬、ってやつに似てるな。
 大好きだけど、眩しすぎて目を逸らせる。
 そして、自分を見るのが辛くなる。
 そして、恨むようになる。
 なーちゃんだって眩しくて目がチカチカしたら
 電気消して!って怒るでしょ?
 怒る事ないのに。
 そんなことがあちこちで起きてて
 電気撲滅運動、なんてしたら自分が困るだけなのに
 そうなっちゃうんだよなぁ」

ママは誰の事を思い出しているのか、
そうつぶやくと、アイドルみたいな人達は大変だね、ってこぼした。

ぼくはママが眩しいわけじゃないんだけど
顔を覆って、だまって話を聞いていた。


猫との暮らしランキング




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. あれから1年

  2. 柚子湯の準備を

  3. 作戦成功 その1

  4. 自転車ごと船に乗る

  5. いそいそイソガシイ

  6. 秋の準備

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)