真剣白羽取れなかった

「なーちゃんてば、すっかりママ派かと思ったよ」

パパはちらりとぼくを見る。

ママ派とかそんなんじゃないし。
ぼくだってコタツ無くなるの寂しい。
でもしかたないじゃん。

ぼくはパパの横に座る。

まだ猶予期間のコタツを二人で満喫。

「ママの模様替えは
 早すぎるんだよねー
 季節が変わってからやればいいのにねー」

パパはコタツ布団の中で、もぞもぞと動く。

ねー
って思うけど、先取りすると
これから季節が代わるんだ、っていう
ワクワク感もあるよね。

「あ、なーちゃん、ママちゃんっぽい。
 ずるいぞー」

パパはぼくのおでこをツンツンって突っつく。

パパ、それもママっぽいよ。

「じゃぁ、パパっぽいことしよ」

めーん、って言いながらぼくの頭のてっぺんに
人差し指を振り下ろす。

ぼくはギリギリのところを手でかわした。

「お。やるなー」

パパはフェイントをかけて、指をさっと引っ込める。

何度かの攻防の末、
けっきょく一本取られてしまった。

と、いうパパとぼくの遊び。
平和だなぁ、ってきっとママは呟く。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 働き盛りは働かなくちゃ、か

  2. ママは徹夜で

  3. ぼく、孝行息子?

  4. 奇麗になった花壇

  5. 強がり

  6. 落ちた先は人間の手のひらだった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)