監禁じゃなかった

「どうしたの、なーちゃん。
 しょんぼりして」

ぼくはベッドに上がり、うずくまっていた。

「お尻向けてないで、こっち向いてよ」

ママはぼくの背中を撫でた。

ねぇ、ぼくって、贅沢?

ぼくはママを見上げる。

「ミミちゃんになんか言われた?」

ママは眉頭を上げて、困ったねぇ、という顔をする。

「外のにゃんこたちと、なーちゃんは暮らし方が違うからね。
 贅沢と言われれば贅沢かもね。
 寒くても毛布に入って眠れるし
 常にご飯はあるし
 怪我してもお薬塗ってもらえるし。
 でも外の子たちは、好きなところに行けるし
 朝日も夕日も見れるし
 木に登ったり、ダッシュしたり
 なーちゃんにできない経験をしてる。
 どっちもどっちなのよ。
 一長一短。
 病気や怪我や空腹も受け入れるなら外もありだし。
 なーちゃんが外に出たいって言うなら止めないよ。
 ただ、あたしは居て欲しいと思っているけど」

ママはゆっくりと手を放す。

ぼくは、しばらくうなだれていたけど
我慢じゃなくて
ぼくはここに居たいと思って居たんだな、って思いだした。
閉じ込められてるわけじゃない。
パパとママときんぎょずと、一緒に暮らしていきたい
と思ってたんだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. クリスマスツリー

  2. くじらっきー

  3. 冬の色と冬の心

  4. ぼくの権利

  5. ママの帰宅

  6. 自転車で坂道を

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)