発端は、ぼくのおしっこ

「ちょっと、なーちゃん。困るんですけど」

ママが腰に手を当てて、ぼくを見下ろす。

はい。なんでしょう?

「おしっこ」

はっ。
それは。
ぼくも猫なので、勘弁してください。

「それはわかっているけど
 トイレ、あるでしょ?
 なんで納戸でするのさ」

えー
それはー
色々ありましてー

「ここ賃貸なの。
 ペット可ってなってても、限度があるの。
 なんでトイレでしないのよ。
 あんぽんたん」

ママはぼくのお腹をつまむ。

「でもさー、そんなことで怒りたくないのよね。
 自分の家だったら、まぁ注意はするけど
 ここまで気を使わなくてもいい気がするし」

ママは毎週お休みにぼくのおしっこ探しをする。
バケツに水を汲んで、タオルで吸い取って
消臭剤をスプレーする。

「ここの家賃を払い続けることが、いつまでできるのか、とか。
 ここにいつまで居るのだろうか、とか。
 ここ立て替えますよって言われて、出るための貯金は作れているのか、とか。
 いくらなーちゃんが孝行息子でも、ママとパパの稼ぎはそんなに良くないんだし。
 さて、そろそろまじめに考えるとするか」

と、言うとママは大きく息を吸い込んだ。

あ。
また何かを決断しようとしてる。

それはぼくにも関係ある事なのかな、って思いながら
段ボールに移動した。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. だれ? その6

  2. ママの声が聞こえる

  3. 穏やかな日々

  4. パパもママも取られてしまった

  5. 大人だし

  6. お茶会

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)