痩せることが目的ではない

「ねぇ、なーちゃん、どう思う?」

パパがぼくを突っつく。

「ねぇ、なーちゃんもやってたの?」

パパはママが朝とお昼を
食べていなかったことを
疑っていて、
そんなこと、オレにはできない、と降参していた。

ぼくからすれば、
できないという前にやっていないじゃないか、と思う。

「でも、なーちゃん、太ってるし」

失礼なこと言うね。

ぼくは痩せたくてやるんじゃないもん。
調子が悪い時は食べないだけで。
食べないでジッとしてると
次第に回復していく。
そしてまた食べ始める。
ママだって、痩せようと思って始めた訳じゃないんだよ。

ぼくはパパを睨んだ。

「でもオレ、どこも具合悪くないし」

お腹が出てるだけで、と自分のお腹をさすっている。

じゃぁ悪くなってからやれば?
でもその場合、仕事も休むことになるんじゃないの?

パパは、うぅ、っと言葉に詰まった。

「それを入院と言うのか」

くすん、と肩を落とす。

自己管理ができないなら
どうぞ、入院でもなんでもしたら?
あたしは痛くも苦しくもないですから。
仕事があるからお見舞い行けないけど。
その間もローン払ってね。

と言うとママはお布団にもぐる。

パパとぼくは
鬼だ!と叫んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. お正月が見え始めた

  2. とは言え、離れがたい

  3. ひねもすのたりのたりだもん

  4. 静かに過ぎていく

  5. ランタンに願いを込めて

  6. ぼくとパパではしょうもない

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)