生きるって

ひゅー、ひゅー、と音がする。
トラちゃんの音だ。

「お。あたしがいない間に死んでなくてよかった」

ママは、にっと笑うとレースのカーテンを開けた。

そこにはママが居るのを確かめるように
こちらを向いたトラちゃんがいた。

「この前ね、中学の時の友達と30年ぶりに会ったの。
 トラちゃんの話をしたら、エイズじゃないか、って」

ママは寂しそうに笑う。

「だとしても、こうして生きて私の帰りを待っていてくれるのだよ。
 カッコイイじゃないか。
 息をするのも辛いとしても
 息をしなきゃ生きていけない。
 生きてるだけで頑張っている。
 あたしはトラちゃんを死にぞこない扱いしないぜ」

ママはそう言うと、くちゃくちゃご飯を
ウッドデッキに出した。

トラちゃんはヨボヨボだけど
ママの帰りを心配する余裕をみせる。

ぼくは、そうだね、ってうなずく。
ぼくがもし、息も絶え絶えになったとしても
パパとママの帰りを心配して
死ぬその日まで普通に生きるよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 見本その1 パパ

  2. カーテンの影ならばれるまい

  3. ぼくとばぁちゃんの内緒話

  4. とは言え、離れがたい

  5. 起動修正

  6. 土の匂いと太陽の日差しと

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)