理解してくれている人が居るだけで救われる

「三輪さんの定休日にみどりアップ関係のメールが飛び交ってて
 ホントに大変だと思う、って野田さんに言われて
 なんだか救われた気がした。
 大変だけど通らなきゃいけない道だし、って思ってはいても
 休みなのにー、って思う気持ちもあって。
 でもそれを知っててくれる人が居るだけで
 頑張れるもんだなぁ」


ぼくは知っている。
野田さんはママのいる商店街の仲間で
会計を担当してくれてる人だった。


ママは担当者なので窓口でもある。
入ってきた話を他の人に振って行かなきゃいけないけれど
まともに振れるのは野田さんだけだった。

商店街の人たちはお店の仕事もあるし
営業時間も定休日もまちまちだから
振るに振れないこともある。

それでもママが頑張って来れたのは
みんなが気にかけてくれてたからだ。

野田さんは全体の流れも把握してくれている。
ママの気持ちを支えてくれてるのが
1番でかいかも。


ぼくも全部知ってるけど
会計はできない。
でも支えることはできる。

1月が終われば2月はちょっと楽になるよ。

「お。さすがなーちゃん。
 そうなのよ。もうひと踏ん張り。
 春は近いぞ」

おー!ってママは拳を振り上げた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. もう梅雨?

  2. ぼくがおじいちゃんになっても

  3. それでもまだ半ば

  4. ペチュニアだとこんな感じ

  5. お祝いとお礼の間

  6. またたびのお魚

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)