玄関は涼しい

「またそこですか」
ママが腕を組んでぼくを見下ろす。

だって玄関の床は石でできていて
ひんやりして、気持ちがいい。

ママが、そーっと、僕のおなかに足を乗せる。
ぼくはお構いなしに、伸びている。

おいっ
このまま力を入れたら痛いんだぞ、とママは言う。

でも力を入れないことをぼくは知ってるんだ。
だってママだし。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. しまちゃんとシクラメン

  2. ぼくの知らなかったこと

  3. 匙加減が難しい

  4. そう思えば腹も立たないのか

  5. ぼくがぼくであるために

  6. ぼくとしまちゃんの違い

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)