猫パンチ

不貞腐れている。
ぼくは猫なのに。
爪が伸びていて何が悪いのさ。

昨日せっかく伸ばしたぼくの爪は
パパによって、丁寧に短くされた。

パパは、もうこれで怖くない、って喜んでる。

ちぇっ。
ひどいよ。

パパは調子に乗ってぼくにちょっかいを出す。
自分の口を大きく開けて
ぼくの顔を飲み込もうとする。

もう!
うざい!

ぼくは平手でパパの顔を引っ叩いた。
爪が伸びていないから傷にはならないだろうと思った。

そして、パパの眼鏡は空を飛んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. トラさん

  2. なんだか痩せたね

  3. 段ボールが捨てられない

  4. ぼくがおじいちゃんになったら

  5. 桜が咲いているらしい

  6. パパの告白

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)