片付けの手伝い方

「ちょっとちょっと。
 そこ入らないでよ」

ママが、あーん、もう
と首を横に振る。

ぼく紙の山って、好きなんだよね。
かさかさ、って音が心地いい。

ぼくのために山にしてくれてるんじゃないの?

「そういうわけではない」

ママは鼻息を強く吐く。

それ、ぼくの真似?

「紙袋は紙ごみの日に出さなきゃいけないから
 まとめてるの。
 ちなみに、全部、あたしが買い物した紙袋ではありません」

そうなの?

「なんやかや頂きまして。
 それをもらってすぐに袋をポイってできないのよ」

ママは律儀なんだかなんだか。
でもそろそろ、なんでしょ?

「はいはい、やりますよ、もぉ。
 なーちゃんに片づけをせかされるなんて」

ぼくは、ニヤリとした。

ぼくとしては、片づけを手伝ってるつもりなんだけど。

ひー
でたー
パパちん流スパルタ攻撃ー
でも捨てに行くのはあたしー

ママは久しぶりに天井をむいて、叫んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの提案

  2. ぼくだってかまわれたい

  3. 痒くない?

  4. 拉致ぐらいしないとね

  5. ぱぱんがパン屋さん

  6. 一応、気を使う

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)