爆笑

ぼくは可笑しくてしょうがない。
だって。
思い出しても笑える。
なにそれ、って感じ。
もう、笑うしかない。

ぎゃははは

つい声が出ちゃう。

「なんなのよ、昨日から」

ママは訝し気にぼくを睨む。

だってさ。
可笑しいんだよ。
笑っちゃう。
涙がでちゃうよ。

ぼくは笑い過ぎて息もできない。
く、苦しい
と言いながら笑ってしまう。

「もう。よくわかんないな。
 笑いのツボは人それぞれだけど
 なーちゃんのツボがよくわからない」

ママは首を振った。
クルクルと苺酢の瓶を回している。

ぼくは、ぎゃはは、と声を出した。

クルクルとかして!
もうだめ!
やめて!

ぼくは笑いが込み上げて息もできない。

ママは、なんなのよ、まったく
と言いながらビンを置いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 変化が著しい

  2. まだ続いているから

  3. ミミちゃんの訪問

  4. 浮世絵を描いていたり、海賊だったり

  5. ぼくの幸せ

  6. ぼく、相棒

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)