濡れ衣を被る気でいる

ママさん
ママさん

食事を終えたジャックがママをトマトの畑に誘導している。

「なによ。ここで話せばいいじゃない」

そう言いながらママもウッドデッキから移動し
隣の窓に向かう。

来た?
いいか?じゃ、話すよ。

ジャックはそういうと一つの植木鉢の前で止まる。

あのよ、これ、

枯れてると思うぜ。

ママは、がーん、とその場に立ちすくむ。
や、やっぱり?
とジャックをまじまじと見た。

うん。
俺はこれでも庭の管理をしてんだ。
間違いなく、こいつは枯れてる。
あれだけ雨が降ったんだ。
水はけが悪かったんだな。
根腐れだよ。

ジャックは、きっ、っとママを見上げた。

まぁ、でもパパさんがホワイトデーに
くれた花だってことは俺も知ってんだ。
ママさんが捨てきれないこともよくわかる。
でも、いつまでもこのままでいるわけにも
いかないだろ?
そっと、片付けちゃえよ。

ジャックはママから目をそらす。

俺がおしっこかけちゃったってことにすればいい。

ママは、ジャック、と呟くとその場に座った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 多少は怒っていた

  2. 応援の仕方がわからない

  3. 空が近くて地面も近くて

  4. さぁ、つぎつぎ

  5. ぼくは、ここに居る

  6. 負けを認める

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)