温故知新

「どうですか?
 寝心地は」

うん、結構いいね。

ぼくは新しいコタツカバーをもふもふする。

温かいし。
外側が温かい、って新しいね。

「ね。
 思ったより良いよね。
 どんどん新しい物って出てくるし
 そこには誰かが、こうならいいな、
 って思いが入ってる感じがするのよね。
 どんどん新しい物にも目を向けていかないとね」

昔を懐かしがってばかりいると、先に進めないし
生きてるなら進みたいし
ってママはウィンクをする。

それにさ、こうでしょ

顎も置けるし、最高。

「いやいや、それは前から変わってなし。
 カバーのせいじゃないし」

ママはあきれて口を曲げる。

でも、いいでしょ?

ぼくは澄まして答えた。

まぁ、良いけどね、
ってママもコタツに入ってくる。

「さて、色々終わったし、まじめに仕事モードになろうかな」

ママは天井をきょろっと見る。

そうなの?
何がかわるの?


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 最後のお風呂

  2. なにもない日々が、幸せなんだと思った

  3. クリスマスツリー

  4. そしてぼくはママを見上げた

  5. ぼくは臆病で

  6. ぼくは違うみたい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)