泣く子は育つ?

「ちびっ子になってたぞ」
うきゃきゃきゃ、とママが帰ってきた。

ぼくの具合は、というか、機嫌はまぁまぁ良くなって
お布団から出ている。
でもお布団の上だけど。


こっそりご飯も食べてきて、籠城しているところ。
でもママは入れてあげる、とか言って。

で、何がちびっ子になってたの?

「お腹の中にいた子だよ。
 出てきて、赤ちゃんになって、今ちびっ子になってた」
うきゃきゃきゃきゃ、とママが笑っている。

と、いう事は。
泣かせたでしょ。

ママは子供を泣かせたがる。
泣かせて放置する。

子供を産んだママの友達たちは、ウンザリしてた。

「だって、泣くのが仕事だもの。
 泣くのも運動だし。
 泣くのも発散だし。
 よしよし、ってやって泣き止ませてると
 大人になっても誰かがなだめてくれるって
 根本のところが思っちゃう大人になちゃうじゃない。
 泣いたって誰も何もしてくれません、ってしないと
 自立した大人になれない、と思う」

うん、とママは頷いている。

そうかもしれないけど。

「泣くとうるさいとか
 周りの人に迷惑が、とか要らないのよ。
 別に迷惑じゃないし。
 でね、そのママはあたしと同じく放置でした。
 泣かせたままお喋りしちゃった。
 良い教育だ」

うんうん、とママは頷いている。

ぼくはそのちびっ子に会ったことはないけど、
たくましく育てよ、
応援はしてるぞ、
と念を送って置いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 生きて来方が違っても

  2. 夕日は夕日で

  3. 外も中も関係なく

  4. 久しぶり、シタちゃん

  5. ぼくはママを整体師だと思ってた

  6. ぼくの安定

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)