油断も隙も

で、二階に上がってきて
畳んであったシーツの上で暖を取っていたんだけど
これがいけなかったみたい。

きんぎょずの水槽を洗い終わって
洗濯物を取り込んだママが
ぼくのいる部屋に入ってきた。

「ちょっと、あんた、なにやってんのよ」

ぎょっとしてぼくを見る。

ぼくも、あ、怒られる、って姿勢を低くする。

ぐん、とぼくが乗っかっていたシーツを
ママは奪い取り、クンクン、と匂いを嗅いでいる。

ぼくはテーブルから転がり落ちる前に
ソファに飛び乗った。

「あぁ、良かった。
 またおしっこかけてるのかと思った」

はぁー、とママはため息をついた。

まったく、どいつもこいつも
油断も隙もない

ぶんぶん、と頭を振っている。

ちょっと、ママ。
ずいぶん疑心暗鬼なんじゃないの?
いくらぼくだって、洗い立てで、畳んであるシーツの上には
・・・、まぁすることもあるけど。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. わたぼこりの子

  2. 監禁じゃなかった

  3. ママの実験

  4. 春が来ている実感

  5. ぼくとしまちゃんの違い

  6. なにもない日々が、幸せなんだと思った

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)