河岸の花壇6 2012年の春

朝顔の世話に生気を抜かれ

この年の冬は頂いた苗を入れてみたり

でもまたすぐダメになったりで

やややる気をなくしている内に春が来ちゃって

地震が来ちゃって

夫が無職になって

母が末期癌になっていて

自宅に呼んで在宅介護したりして

畳の上で看取ったりして

花壇も荒れてしまいました。

前の年のチューリップの球根が地中に残ったままで

芽をだしちゃったり

ぽつんと咲いていたり

なんだか物悲しい。

朝顔をみながらコスモスの種を入れてみたりしました。

山のようなプランターは横浜市が行なっている 『ハマロード・サポーター』 から頂きました。

↓ハマロード・サポーター

http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/kanri/supporter/

落ち葉が降ってくるからね。気持ちだけカバーしている。

芽も出て

花も咲いたけど

水遣りの時間が持てず、枯らしてしまったなぁ。

だって介護のほうが手が離せなかったの。

母の葬儀も終わって、少ししたらチューリップが咲いていて。

横浜公園のチューリップを植えている人から、

少しおすそ分けしてもらった球根を入れていたのを思い出して。

咲いたのを見て思い出して。

あぁ、やっぱり花を咲かせよう、このどうしようもない河岸通りの花壇に、花を咲かせよう、って思った。

関連記事

  1. 河岸の花壇17 2015年の夏と秋

  2. 河岸の花壇7 2011年の夏

  3. 河岸の花壇16 2015年の夏

  4. 河岸の花壇13 2013年の秋

  5. 河岸の花壇14 2014年の秋

  6. 河岸の花壇20 2016年春

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)