毛づくろいをしなくなった

ママは、しまちゃん用とミミちゃん用、と言って
お皿を二つに分けて、クチャクチャご飯を入れて待っていた。

窓の隙間からしまちゃんが顔を覗かせ
するりと中に入ってくる。

しまちゃんの尻尾は相変わらず
垂れ下がっている。
そしてしまちゃんらしくないほど
毛づくろいしていなかった。

こんなに汚れたまま、ご飯を食べに来ることは
今までなかったんだ。

ぼくもママも黙ってしまちゃんを見守る。

「しまちゃん。身体ゴシゴシ、しようか?」

ママは勇気を出して声をかけた。
濡れたタオルで身体を拭いてあげようと思ったみたい。

しまちゃんは小さく頭を振り、
ちょっとだけ、休んで行ってもいいですか?
とママを見上げた。

夜になって、ママはパパにしまちゃんの写真を見せた。
パパはゆっくり顔を振り
「自分で毛づくろいできなくなったら、もうダメなんだよ」
と伏し目がちに言った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. noteでやってる

  2. 最後のお風呂

  3. ここは誰の縄張りなのか

  4. すごい猫背、とは

  5. ぼくがママを独り占めするよ

  6. また雨が来る

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)