毎年ちがう年越し

この家に来てから2度目の年末。
去年のパパは年越しそばを売っていたけど
ゴルフ場はお休みらしい。
今日は2人でお蕎麦を打ってみよう!と張り切って
ホームセンターで長い麺棒を買ってきた。

「あーん。せっかく大掃除したのに
 リビングが粉だらけになる~」
ってママは嘆いてたけど
でもちょっと楽しそう。

パパ、お蕎麦打てるようになったの?
ぼくは長い麺棒の匂いをかぐ。
まだ木の匂いが強い。

「見て覚えて来たつもりなんだけど
 こういうのは何度も練習しないとね。
 今日は初めてだから、蕎麦搔がメインになっちゃうかな」
って、鼻に粉が付いた顔で答える。

横でママが昨日から準備してるおせちを
お重に詰め、コタツに持ってきた。

ぼくも何かお手伝いを。

「いやいや。
 煮干し食べに来たでしょ。
 コタツで丸くなって、待っててよ。
 もうすぐ、パパも終わるから。
 年越し蕎麦とおせちを一緒に食べちゃうって
 贅沢な感じしない?
 なんか、毎年違う年越しだったけど
 今年が一番いいな」
ってママはほほ笑んだ。

年末のパパはけっこう忙しい事が多かったけど
ゴルフ場に勤めたおかげで、今年は皆で一緒に居れる。

これね、ばぁちゃんが一番喜んでるんだよ
ってママに伝えると
「知ってる」
って、ウィンクした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ミミちゃんに譲る

  2. ぼくの知らなかったこと

  3. あー寒い寒い

  4. 中には中の良さ

  5. ぼくもひかえます

  6. 段ボールが好きで

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)