柔軟に

よいしょ、よいしょ

またママはストレッチをしている。

どれ、ぼくも真似して。

よいしょ、よいしょ

ねぇ、なんでママはそれするの?
ぼくは座って、足を広げて前に倒す、って
あんまり楽しくないんだけど。

「そりゃ、なーちゃんは毛づくろいのついでに
 いつもやってるからね。
 あたしとあんたじゃ骨格が違うわけだし。
 あたしも猫の形で生まれたかったわよ」

ぶー、とママは口を尖らす。

「あたし、足舐めたりできないし」

ん?そうなの?

ぼくは改めてママを見回す。

手は使わずに足だけで歩いて、細長い。
ずいぶん不安定だな、って思う。

ママも手を使って歩いたら?

「だって、手と足の長さが違うのよ。
 お尻が持ち上がっちゃうじゃない。
 あーあ、あたしも次に生まれるときは
 猫の形がいいなぁ。
 そんで、あたしの事拾ってよ。
 で、なーちゃんがお仕事行って、ご飯作って
 お掃除もしてくれるの」

きゃぁ、夢のよう。

ママはきゃっきゃ、と目を強くつむる。

いやいや、ママにはこの生活は向かないと思うよ。
パパはあり得るかもしれないけど。

ママは目を細めて
そうね
でもあいつは拾ってやらない
とつぶやく。

「案外パパちんは柔軟だから
 どんな環境でもやっていけるからね。
 いっそ野良でも幸せにやるんじゃない?」

あたしもあの柔軟さを見習わなくちゃ
でも、身体はすごく硬いからね。
天は二物を与えずよね~

そしてママはまたせっせとストレッチに戻った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. それにしても次から次へと

  2. つけてあげない

  3. だれ? その5

  4. けむくじゃら蔵って呼んでもらえて

  5. 緊張する必要がない

  6. お腹を見せるほど

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)