本当は、ぼくが拾われる予定じゃなかったんだ

うっすら覚えてる記憶で、
誰かがふたりでしゃべってた。

「こ、この、ノミ子がぁぁぁぁ!」
と絶叫する声と
「ノミ子だなんてかわいそう。
 ひっくり返して、
 こ、ノミ。
 このみにしよう」
という呑気な声。

あとで目が開いてわかったんだけど、
この二人は、ぼくのママとパパになった。

そしてママは
「本当はあんたの予定じゃなかったんだから。
 ワタボコリの子供をうちに呼ぶかで悩んでたのに」って
ぼくの頭を小突きながら、
今でも言ってる。

ママの部屋の下で、
ワタボコリって呼ばれる若い猫が、
子供を産んだ。
その子達がちゃんと育っているか、
パパとママで代わる代わる見に行っていた時だったんだ。
ぼくが落ちてた。

ぼくは点滴と輸血を終え、
ママとパパが待つ小さな部屋に帰ることになった。

080915_2042~01


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ドアストッパーなのか

  2. クロちゃん、おまえもか

  3. お日様にあたり隊

  4. ずいぶん、しっかりしたんだ

  5. 商店街の救済

  6. 夏の感じ方

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)