木陰で

雨ばかりの秋にも時折、陽が差した。
夏の暑さも陰りを見せて、心地いい。

そんな日は、ぼくだって、お外に出たいな
って思うよ。

でもママは二階の窓を開けて仕事に行ってくれるので
部屋の中に居ながら外を感じている。

窓の外に、庭の奥に、何かがいる。

ん?

しまちゃん?

キャットミントの脇の
山桜桃梅の木の下で
しまちゃんは、うっつら、うっつら
眠っていた。

土の上に丸くなっていたので
きっと泥だらけなんだけど
ぼくがやったら
きっとママは怒るだろうけど
ぼくは羨ましく感じた。

秋の風がしまちゃんのヒゲを揺らしている。
ぼくに気が付かないまま
しまちゃんは、幸せそうに眼を閉じている。

これが、外で暮らす、良さかもしれない。

ぼくはいつまでも
窓の中から見つめていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. しまちゃんとシクラメン

  2. 反抗むなしく

  3. だって、隠れる場所がないんだもの

  4. いつの間にか、中学生になっていた

  5. 浮世絵を描いていたり、海賊だったり

  6. ジェントルメン

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)