朝日が差し込む寝室

納戸として使っていた部屋を
寝室にして1週間になる。

「朝日はこの部屋に入っていたのか。
 知らなかった。
 前の寝室は夕日が綺麗だったけど
 お休みの時しか見れないしね。
 朝日は毎日見れる」
なんてママは唸っていたけど
ぼくは知ってた。

出窓までは高くて、
もう上がれなかったんだよね。

ベッドが来たことで
ぼくの足腰でも
ジャンプで届く。

「良い星周りの部屋で眠れるって大事なんだって。
 知識が無かったらわからなかった。
 勉強するって必要だね」

ママはこの家のどの場所に
良い星が回っていて
悪い星が回っているのか
わかるようになったらしい。

お陰様でぼくもパパも快適に寝てる。

模様替えの途中は
あーあ、って思ってたけど。

やってくれて良かったな。

 
猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 毛づくろいをしなくなった

  2. 戦う君の事を戦わない奴らは笑うだろう

  3. ミミちゃんの気力

  4. いつの間にか実ってた

  5. 花もりもり

  6. 生存確認をされるようになった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)