朝から楽しい

ママは春が始まるころ、
つまりはコタツを片付けたころ、
研修に通い始めた。
今の自分の技術だけでは足りない、と言って。

「だってさぁ、なんでもかんでも来るのよ。
 そういう入り口にしてるんだけど
 ちょっと去年くらいからおかしな流れだと思って。
 神様に宣言しちゃったからだろうな。
 けっこう神様ってスパルタなのよね」

鼻息をふん!と勢いよく出す。

それから二ヶ月くらいたっているんだけど
ママは足の指にテーピングを巻いたり
骨盤にさらしを巻いたり
本とにらめっこしたり
パパの朝ごはんは作らないんだけど
早く起きて、ガサガサゴソゴソ、やってる。

ぼく結構早起きだから、良いんだけどね。
相変わらず二人は夜早く寝ちゃうけど
その分朝に時間がシフトしているだけで
ぼくとの時間も確保されている。

ぼくは、でん、とマットに居座り
つまりはママの邪魔をしているところ。

ちょっとー、とママは文句を言う。

ぼくのお腹の下には
ママが切って用意したテーピングとテキスト。

どう?これ。

チョッカイだしてるの。

ぼくは楽しいな、って思ってる。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくを毛むくじゃら蔵と呼んだ金魚

  2. 自転車で坂道を

  3. 色々付き合ってあげるのも大変

  4. ママは徹夜で

  5. くじらっきー

  6. 奇麗になった花壇

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)