曇天に映えるニチニチ草

朝から雨が降っていて、
雲も厚く覆っていて、
気が滅入るね、ってママに言ったら
「恵みの雨だ」って喜んでた。

「雨が降る事の喜びを
 分かち合える人が増えて来たんだよ。
 それぞれ担当を決めて
 自分が担当したところの花が可愛くなってきたみたい。
 やっぱり1人でやるにはもったいない作業だったんだな」
って頷いている。


そうなの?

そうだよ、とママは写真を見せる。


「5丁目」



「3丁目」


「2丁目」


「1丁目。曇りでも映えるでしょ」

へぇ。ずいぶん綺麗になったね。
でも4丁目は?

そこはまだ手が出てこない、とママは残念そうに呟いた。
「お店側のハンギングも4丁目だけないんだよね。
 1丁目が一番賑やかになっちゃった」

あ。ママのお店の下の所だ。
いっぱい置いてある。

ママのお膝元だもんね。

「でも早速ひっくり返して中身ぶちまけちゃったので
 私の担当分は養生中です」

あらら。
でも旗振ってる人がそれなら、みんなストレスないかもね。

だよねー、ってママは笑ってごまかした。

 
猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくとパッチワークと

  2. すみっこ暮らし

  3. なんだったのか

  4. 夏の疲れも出る時期

  5. ぼくを文字盤に?

  6. 生きて会えたな

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)