明け方の月

「ほんとだよ。嘘だと思うなら自分で見てみれば良いじゃない」

ママは口を尖らせた。

またまた。そんなはずないよ、
とぼくは首を振る。

ママは
「明け方の月は大きくてオレンジだ」
って言うんだよ。

最近は満月だったから、その月はみかんみたいだった、って。

月は夜見る物でしょ?
朝でも見えるなんて。

「見えるわよ
 夜の続きは朝じゃない。
 なーちゃんはお寝坊さんだからね。
 明け方を知らないなんて、人生損してるわね」

くすくす、とママは笑った。

え。そうなの?

損してると言われると、起きてみようかなと思うけど
そうもなかなか。
だって寒いし。

「夜も寒いじゃない。変わらないよ」
とママは言う。

じゃ、朝のお月見会、やってみようかな。

きっと起きたらもう明るい
と分かっていて
一応言ってみた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. それでももう春

  2. 次の世代へ

  3. ドアとかノブとか床とか壁紙とか

  4. 気温の変化と空気の巡り

  5. 邪魔するのがぼくの仕事

  6. すごい猫背、とは

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)