払いたまえ清めたまえ

年内はコロナ休があるんだもん、お出かけしようよ、ってパパに口説かれ
ママは臨時休業をして2人は朝早くから出かけて行った。

寒いからぼくはお家にいますけど。

パパはテレビで見かけた陶芸体験をやりたがって
ママは前日に教室を見つけて
混雑していないところを狙っていくならありかもしれないと言って
陶芸教室から逆算してスケジュールを立てて
夕方には帰ってきた。

「思った以上に良い一日でした。
 初めて寒川神社にも行けたし
 ピザ生地を天井に投げてクルクル回すのも見れたし
 お皿も作れたし」
と言うといつものように写真をぼくに見せる。
ぼくは出かけなくても何でも知っている。

あれ?貸し切り?

いや、一番乗りだったんじゃないかな?とママは笑っていたけど
たしか七五三の時期だ。
朝日の中の境内は清々しい気で満ちている。

「七五三も見かけたけどあちこちで写真撮ってたからね。
 参拝よりも写真が大事になっちゃうよね、行事って。
 かっこよかったのがさ、パパちん、境内出るとき鳥居で振り向いて
 手を合わせて頭下げたんだよ。当り前みたいに」
ステキステキときゃぴきゃぴしている。
おや。
ぼくもちょっとパパを見直す。
今はコタツに埋もれて寝てるけど。

「行ってから気が付いたんだけど
 八方位除けを真摯にやってる神さまだったの」

へぇ。なんかかっこいい。
ね、とママも頷く。

「そうだった。厄が落ちるには邪心を無くさないといけない、
 胆に銘じようと思って持って帰ってきました」

あ!茅野輪!
写真では見たことあったけど、実物は初めてだ。
藁の匂いがする。

「なーちゃんも、厄落としになりますように」
とママは言うと、玄関に飾ろう、入り口で厄をシャットアウトだ!
と早速かけに行った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. つっぱることが男のたった一つの勲章だぜ

  2. 小規模事業者持続化補助金コロナ特別対応型

  3. 痩せることが目的ではない

  4. 時間がかかっても復活するのが身体

  5. 煙が目に染みる

  6. いつもと変わらない

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)