憤懣やるかたない

ぶー
ぶー
ぶー

「なに、なーちゃん。
 ぶーぶー言って。
 お行儀悪いし。
 どうしたの?」

パパが心配そうにぼくを覗き込む。

だって。
ママ、ひどいんだよ。

ぼく、ちゃんと使ってるアピールしたのに。
ぜんぜんわかってくれないの。

「キャットタワー?
 登ったのに、捨てるって言われたの?」

パパは自分の事のように、驚く。
きっと、他人事じゃないって思ってるんだ。
パパも捨てられちゃ困るもの、いっぱいあるんだね。

ぼくはゆっくりと身体を起こした。

一番上まで上がらないなら、低くしていい?って。

ぼくは涙目でパパに訴える。

えぇぇぇ、ひどい、
とオロオロしながら、ぼくの頭を撫でた。

「大丈夫だよ。
 いくらママだって、そんな酷いことしないよ。
 別にあったって邪魔でもなんでもないのにねぇ」

ねー、ってまたパパはぼくを覗き込む。

ママの鞄におしっこかけちゃえ。

パパはぼくをけしかける。

うん。最終手段は、そのつもりでいる。

ぼくは鼻息を強く吐いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 濡れ衣を被る気でいる

  2. 同様に、気を使う

  3. 上出来

  4. 朝日が目にしみる

  5. 隣の客はよく柿食う客だとて

  6. ミミ姉さん

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)