悪戯っ子世に憚る

ねぇねぇ。

ぼくはママの頭をちょんちょんする。

ちょっと待って、と言ってママは本から目を離さない。
フーガとユーガの話にちらっとユーゴが出てくるというこの素晴らしさ!
とか呟いて。

ママの好きな作家さんの新刊が出たことをぼくは知っている。

構わずちょんちょんと繰り返す。

「もう!なんだね!」

ママは本を閉じてぼくを睨んだ。

なんでもないの。
ぼくはニヤニヤする。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. Toy Storyに囲まれて

  2. 三寒四温とはよく言ますが

  3. 明け方の月

  4. ガンダムが居た

  5. ただ毎日過ぎて行っただけ

  6. 働き盛りは働かなくちゃ、か

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)