悪戯が過ぎると言われても

「ちょっと、なーちゃん」

はい?

「あんた、シンクに上ってるでしょ」

ん?
上がったような、上がってないような。

「昨日の夜、ずいぶんうるさいな、と思ったら。
 またきんぎょずとやりあってたでしょ」

なんで?なんでなんで?

「シンクの上に、あんたの足跡と
 水槽から飛び出た水で、びちゃびちゃなんですけど」

あらら。

ぼくは首根っこをつかまれて、シンクの上に乗せられる。

「ほら!足形びったり」

ママはぼくの足をつかんで足跡に乗せる。

・・・だって。
きんじょずが、チョッカイ出して来るんだもん。

「うそうそ。逆でしょ?」

うそじゃないよ。
だって。昨日の晩。

ぼくは真っ暗になったリビングを見回りしてた。
パパとママはいつもの通り早く寝てしまったし
夜はぼくがしっかりしなきゃ、と思って巡回してる。

うんうん。
カリカリに異常なし。
うんうん。
お水も大丈夫。
トイレにも寄って。

あー
けむくじゃら蔵がまたウロウロしてる~
ひそひそ
パパとママが寝たからって、自分の時間だと思ってる~
ひそひそ
これでもくらえ~
ばしゃ

鯉ちゃんが尾びれで水槽の水を叩く。
さらに大きくなっていた彼の尾びれは、力強く水を動かした。

わぁ!冷たい!

まんまとぼくの頭にその水は直撃し、
ぼくは腹を立てた。

なにするんだよ!

水槽の下から吠える。

ひそひそ
あんなのも避けられないなんて
ひそひそ
けむくじゃら蔵は情けない
ひそひそ

なに!

ぼくはシンクに飛び乗った。
目線は同じ。
じっと見つめあう。
と、言っても相手は三匹だ。
六つの目がぼくを見つめる。

ぼくは、てんてん!と水槽を叩いた。

ばしゃ

彼らも負けてない。

てんてん!
ばしゃ
てんてん!
ばしゃ

・・・と言うわけだよ、ママ。

「で、これ、誰が片付けるの?」

ママ!

この時ばかりは、ぼくときんぎょずは手を組んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 何も言わないけれど

  2. 止められないこと

  3. そして、気を失った

  4. いざ!台湾!

  5. 段ボールが好きで

  6. 夏が来たと思ったら、ばぁちゃんが来た

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)