怪我の功名

「どう?
 なーちゃん、元気?」

まぁまぁ。

ぼくの頭が剥げてから
パパとママはちょっと優しい気がする。
いつもはご飯を食べてても
テレビに夢中で
CMの合間に話しかけるくらいだったのに。

「頭のてっぺんじゃ、自分で舐められないからね。
 お薬お薬」

パパはママの真似をして
化膿止めの薬をぼくの頭に塗ってくれる。

ぼくは大人しく塗られている。
なんか、嬉しい。

「もう傷口はふさがったね。
 なーちゃん、強い子~ ♪ 」

パパは嬉しそうに僕の頭を撫でた。

いつもはグイグイ押し付けるように撫でるのに
今日はそっと、よしよし、ってする。

怪我するのも、悪くないね。

「どれどれ、あたしもあたしも」

ママも手を伸ばし、ぼくの顎を撫でる。

気持ちがいい。

2人は、早く治りますように~、って
おまじないをかける。

でもぼくは、毎日これなら
早く治らなくてもいいなぁ、って思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. セガール好きの男たち

  2. とは言え、離れがたい

  3. 柔軟に

  4. 春が来ている実感

  5. ぼくもがんばります

  6. ぼくが拾われたときの話をしよう

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)