怪我なんて、勲章だ

ママさーん
ママさーん

ぼくがママと朝のお茶会をしている時だった。
外からジャックの声がする。

メシくれよー
めしめしー

たしか顔に大けがをしたんじゃなかったっけ
ぼくはママを見上げる。

「それがさ、驚異的な回復力」

ママは、よいしょ、とキッチンに移動し
缶詰を開けた。

おーい
ママさーん
メシくれよー

「まったく怪我なんて
 これっぽっちも気にしない。
 大した奴だよ。
 うるさいけど」

ママはカラカラと窓を開け
元気で何よりですね、とジャックに話しかけた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ご機嫌をとられたみたい

  2. 停電からの

  3. 自分から関わってきたのかが問われる

  4. 小池監督もパーソン・センタード・ケア師?

  5. 新しい部屋と段ボールとぼく

  6. 銀の龍の背に乗って

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)