思い出のシュガーバターコーン

パパよりも早かったけど
ちょっと酔っぱらってママが帰ってきた。

お外でお酒飲んで良いの?

「一応解禁だもの。
 再開のお祝いに寄って来たのさ」

ほら、とママは写真を見せる。

河岸の人だ。
先月はハンギングバスケットだけ作りに出て来てくれた人だよね。

そうそう、とママも頷いている。

「さらにはわがままを言って
 バターコーンに砂糖を入れてもらったのさ。
 これ、よく高校生の頃に作って食べたのよね。
 早朝バイトの朝ごはんとして」

へぇ。
醤油バターコーンじゃないんだ。

「それも言われた。
 砂糖なんて気持ち悪い、って言いながら
 作ってくれたの。
 そんなお店が再開してくれて嬉しい」

ママは、さて、夕飯作らなきゃ、って下りて行った。

ママは高校生の頃、何してたんだろ。
懐かしのシュガーバターコーンか。
ぼくも食べてみたいけど
パパがトウモロコシ嫌いだから
ウチにはコーンは無いし。

あ、だから外で食べてきて、内緒なんだな。

 
猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 明るい茶色のシマシマは、風と共にさりぬ

  2. 月は満ちた

  3. 室内運動のススメ

  4. 生きている内に楽しもう

  5. ぼくの意見

  6. そうだった、ぼくにもそんな日はあった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)