応援の仕方はもう、心得ている

昨日の夜、パパとママは話し合ってって
パパは何度も、ごめんね、ママちゃん、って言って
「パパちんも悪いところはあったと思うけど
 それ以前にパワハラだと思うよ。
 注意されることをして、それを認めて、謝って
 それでも向こうは、もうしません、って紙に100回書けって、
 それは指導以外の話だと思うもん。
 仕事終わってから、自分用の酒のつまみを作れ、とか
 帰ってからもいつまでもLINEで絡んでくる、とか。
 強制じゃなかったにしてもギリギリの線じゃない。
 それに明日から来ないでいい、ってした場合は
 1ヶ月分の給料出さないといけないんだよ、経営者は。
 それも嫌だ、とか重篤な業務命令違反だ、とか。
 100回紙に書くのが業務命令なの?」
ってママは鼻息を強く吐いた。

ぼくも隣で鼻息を強く吐く。

パパ、もういいんじゃない?って。

パパは、オレ、もう、よくわかんない
って言って
くすん、って肩を落として
布団に入った。

翌朝、ママは
労働基準局に行ってこようかな
証拠は持ってるし、
ってブツブツ言いながらお店に向かった。

パパはコタツで丸くなる。

ぼくはパパのお腹に乗った。

ばぁちゃんの時と同じように。
ぼくは、パパの傍にいる。

パパはそっと、コタツから手を出して
ぼくの頭を撫でた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 台風が帰ってきたみたいだよ

  2. それぞれの道

  3. ぼく、禿げました

  4. 木陰上手

  5. さくらちゃん

  6. さぁ温泉!

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)