応援の仕方がわからない

ばぁちゃん、何してるの?
とぼくは聞いた。

病気なんでしょ?
寝てなきゃいけないんじゃないの?

ママは仕事に行って
パパはハローワークに行っている。

つまり、いま家にはぼくとばぁちゃんの二人きり。

「できるうちは、お仕事しなくちゃ。
 そうでないと、置いてもらう気になれないのよ」
ばぁちゃんは笑っている。

それに、寝てれば治る病気じゃないの。
治す気もないのよ。
と言うと、小さくほほ笑んだ。

え?
治らないとどうなるの?
とぼくが聞き返すと、ばぁちゃんはぼくの頭を撫でた。

寿命、って知ってる?
と目を細める。

ばぁちゃんは、それを最小限の医療だけ借りて
全うしてみようと思ってる。
このみも応援してね。
と言うと、ママみたいにばぁちゃんはぼくにウィンクした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. そうだった、ぼくにもそんな日はあった

  2. 木陰で

  3. 自律心

  4. 我思う、故に我あり

  5. 外も中も関係なく

  6. 花咲かちび子、ふたたび

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)