心躍る宝の山

宝の山がやって来た!と
ママはウキウキ帰ってきた。

宝の山?

すっごいよ~
おどろくよ~
と言って鞄から取り出したのはシイタケだった。

おぉ~
肉厚~
とパパもキャピキャピしている。

パパは良い食材を見ると喜ぶんだよね。

「これがコンビニで売っていたなんて驚きだよ。
 スーパーもビックリしてるんじゃないかな。
 穴場とは口コミで広がるものだね」
うむうむ、こんどこのコンビに行こう、とママは頷いている。

さらにだ、とまた鞄から何かを取り出した。

あ!ママの大好きな焼き菓子!

パパもママも喜んで、ほんとに宝の山だね。

「相手が喜ぶものを知っている人って、すごいなぁって思う。
 気遣いって才能の一つだよね。
 色々頑張ってたご褒美だよ、って。
 しばらく会っていなかったけど、緑アップの経過も知っててくれて」
ってほほ笑んでいたと思ったら、クスンと肩も落とした。

「でもこの人は、もっと自分の人生を生きて良いと思うんだ。
 散々色んな人の手伝いをしてきた人だからさ。
 もう応援されて、手伝われる方になって欲しい」
私は彼女を応援したい、と目を閉じる。

そうなの?

うん、と頷くとママはシイタケを抱きしめた。
これからなんだ、がんばれ、と念じている。

宝の山とは、実は人なんじゃないかと、
ぼくは、ふと、思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ひゅーひゅー鳴っていても

  2. パパのリクエスト

  3. 雨はアンニュイを連れてくる

  4. 表現の仕方は人それぞれで

  5. 頭かお尻かわからない

  6. 喉の不調は耳鼻咽喉科じゃないの?

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)