後ろから数える

せっせせっせとママが片づけを始めて10日以上経つけど
どんどん物が外に運び出されていくけど
リビングはあまり変わらない。

「先ずは自分の物からだから。
 それにしてもずいぶん余計な物もってたんだなぁって
 我ながら驚いちゃう。
 服とか写真とか。
 もう思い出は心の中に、だ」

そう言って、ばぁちゃんの物もずいぶん片づけてた。
こればっかりは自分でやって行かないと、って。

「売れるものはブックオフに持って行ったんだよ。
 何往復もしちゃった。
 恥ずかしがっていては進まないからね。
 お陰で1万円以上の買い取りになっている」

ははは、とママは寂しそうに笑った。

「ブックオフの近くに本屋さんがあってね。
 査定までフラフラしてたら
 人間は50歳までで設計されているって書いてある本があって。
 そこから先は自分次第で長くなるって。
 ってことは、後5年でいったん終わるのかなって思ってさ。
 全部片づけて、50歳過ぎたら、またそこから生きる、みたいな」

そうなの?
ぼくとママの流れる時間は違うみたいだから
ぼくには50年という時間はわからない。
ママが50歳になる時、ぼくは一緒にいるんだろうか。

「そう有って欲しいけど」

と言うと、ママはぼくをぎゅっと抱きしめた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 迷惑なパーカー

  2. 拠点防災訓練とは

  3. 外の世界になにも感じなかった

  4. また夏がやってくる

  5. 風が強い

  6. ミミ姉さん

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)