帰ってきたけど

三日半ぶりにママを見た。

「じゃっじゃーん!
 帰ってきました!」

と颯爽と玄関を開けたママは
小さいけど重そうなスーツケースを引きづって入ってくる。

運ぶ人が、ギョッとするほど
見た目と重さのギャップがあるスーツケース。

お帰り。
黙っていくなんて、ひどいじゃないか。
ぼくは、ブスっと出迎える。

「だって、言ったら怒るでしょ?」

ママはしれっとして荷物をスーツケースから出した。

「じゃじゃん!
 辣油タワーだ!」

・・・。なにそれ。

「これを買ってくる、って言ったら
 パパちんが気持ちよく送り出してくれて。
 お小遣いはなかったけど。
 パパちんの会社用にふたつと、」

ママはせっせと仕分けを始めた。
ほとんどが、なかなか会えない友達たちに送る物らしい。
それじゃ、送料の方が高くついちゃうんじゃないの?
ママの計算機は壊れているのかな、とぼくは心配になった。

「そういうとこケチケチしないのよ。
 会う時間を作る方がもっと高いんだから。
 あたし、辛いの食べられないのに
 これ送られたらみんなびっくりするね」
ひひひ、とママは悪戯に笑う。

北海道まで飛んでいけ、と言いながら
メンバーになっているクロネコに登録をしている。

ねぇ、ぼくには?

ママの身体がドキリと止まる。

「な、なーちゃんにはママがおみやげですぅ~」

引きつった笑顔をぼくに向けた。

まぁ、そうかもしれないね、と言ってぼくは
ママの太ももに頬を寄せた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 表現の仕方は人それぞれで

  2. すっかり元通り

  3. パパの告白

  4. ぼくは違うみたい

  5. 俺さまの場所だから

  6. ぼくを拾ってからの1ヶ月の間にママが決めたこと

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)