工事、始まり始まり

お昼になってママがゼイゼイ言いながら帰ってきた。
今日はずいぶん早いね。

「こんな日中に自電車で走り回るなんて高校生ぶりだよ。
 死ぬかと思ったけど、真夏を肌で感じたわ」

なんて顔を真っ赤にしてカルピスソーダをゴクゴク飲んでる。

そうか。
今日からだっけ。

「そうよ。お店の工事が始まったの。
 カギを渡して5丁目のプランターに水あげて
 帰ってきたらもう便器が外にでてた」

ほれ、とぼくに写真を見せる。

なんか、ずいぶん小っちゃいんだね。
外で見るから尚更かも。

「ほんと。この便器に助けられた人は沢山いるんだよね。
 35年現役で、故障もせず、素晴らしい便器であった」

ママは、南無~、と手を合わせている。

「午前中出張に出て、帰りに忘れ物取りにお店に寄ったらさ、」

と写真をめくった。

「階段からの入り口はこんなになってて、」

「もう全部空っぽ」

へぇ~。
壁の一枚向こう側はもうコンクリートなんだね。

ね、とママもうなずく。

「そして店内はガッチリ養生」

わぁ。すごい。お店とは思えない。

「ほんと。
 昨日全部片づけて奥に寄せたんだけど
 机も靴箱も全部ブルーシートの中。
 リホームってすごいね。
 ずっと見てたいけど邪魔になるから大人しく
 お外で仕事します」

トイレも無いし、とママは笑った。

そうだね。
トイレの無い部屋に長く居れないしね、と
トイレを2つ持つぼくが言うのもなんだけど。

いやいや、あなたはトイレ以外でもするじゃない、と
ママはぼくのおでこを突っついた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 夏が来たと思ったら、ばぁちゃんが来た

  2. ぼくの幸せ

  3. すっかり元通り

  4. 最後のお風呂

  5. 月は満ちた

  6. 10th Anniversary

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)