嵐が過ぎ去るまでに

パパが居ない昼間に、ママがきゃはきゃはと誰かと喋っている。
電話でもしてるのかな。

友達が来てるなんてことは、この時期考えられないし。

ちょっとちょっと、なーちゃん来て
と声がする。

もう、めんどくさいなぁ。

でもちょっと行ってあげるか。

ぼくは重たい腰をあげて下に向かった。

ママがPCに向かってしゃべっている。

ついに。
人に会わない寂しさのあまり、独り言を言うようになったのか。

ぼくはちょっと心配になった。

ん?
その名前は、ママの高校の時の友達だった気がする。

「zoomを試してみてるの。
 なーちゃんも顔出してよ」

なにそれ。
ぼくはテーブルに飛び乗った。

「ネット会議とか、流行ってるんでしょ?
 コロナ嵐が収まるまでに、色々進んじゃうよね。
 社会は停滞しているようで、実は物凄い速さで進んでいる。
 知ることを躊躇している暇はないのだ」

あ、ビデオオンになった、と言うと友達の顔が映った。

あー!寝起きじゃないか!
とママは友達に文句を言っている。

ふむ。映像が出ちゃうって、ちょっと大変かもね。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ばぁちゃんも猫になるらしい

  2. 取り残される二人

  3. ほら、テルマエロマエの

  4. 入口なのか出口なのか

  5. ぼくの返事

  6. 貫禄がでてきた?

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)