小鳥の真似をしてみたらまんざらでもなかった

それ!ぷー

ぼくは息を吸い込み毛穴を締める。
いや、実際には意識して毛穴を締めるなんてできないんだけど。

部屋が寒いから自然にそうなっているのかもしれないけど
ぼくの身体は丸くなる。
ふむ。温かいような気がする。

「ほらやっぱり。
 なーちゃんは鳥だったのだな」

ママがニヤニヤしながらぼくを見る。
寒い寒い、と言って毛布に埋まっている。

だって。
まだお布団冷たいでしょ?
ぼくはこれでも結構頑張って待ってるんだよ。

何を?
とママはぼくを見つめる。

ぼくは、キリっと答えた。

ママの体温で布団が温まるのを、だよ。

ママは、ハッとして布団を自分の下に押し込んだ。

卑怯者め!
協力しない奴には
協力してやらん!
と言ってぼくの侵入を妨げた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. どか雪

  2. 春が来ている実感

  3. 土の匂いと太陽の日差しと

  4. ついに今週末か

  5. 寒い時期のお風呂はごめんこうむりたい

  6. 鯉ちゃんの様子がおかしい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)