小説を売ってる

もう!君たちは買わないでいいの!
と、ママがPCを見ながら仰け反っている。

なにやってるの?

小説を売り始めたのだよ。
 でも友達ばかりが購入している。
 恥ずかしいじゃないか、知り合いに読まれるのって」

小説を?
去年1次選考通ったやつ?

そうだよ、とママは応える。

「さらにそこから直しを1ヶ月やってたんだから。
 もう自分で書いた奴何回も読むの嫌だ、ってくらい読んだ。
 で、えぃ、って公開したんだけど
 宣伝がへたくそで知り合い以外は見向きもしないんだな、という事がわかった。
 やっぱりキャッチコピーとかプロモーションって大事なんだね。
 手に取ってもらうまでが大変、ってことだ。
 だからみんな賞が欲しいのかも。
 賞を取った、ってブランドになるんだな」

次の作品に取り掛かる前に、そこを考えるとするか、
と言いながらママはゴロリと横になった。

やる気があるんだかないんだか。

次の話にぼくも登場させてよ、と言ったけど
もうママは寝息を立てていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 痒くない?

  2. 買わなくてもやれる

  3. 雨の日のシタちゃん

  4. 切り替わり月

  5. さぁ温泉!

  6. お餅と七味と

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)